経済の動きについて(2016年3月前半/日銀のマイナス金利政策導入後は)

投稿者: | 2016年3月21日

ファイナンシャルプランナーの杉浦です。

日銀のマイナス金利政策導入後一ヶ月以上たちましたが、
その恩恵を受けているのは一部の大企業にとどまっています。
それは、
主要銀行は貸出金利の基準の一つである短期プライムレートを引き下げていない為に短プラ連動で
金利を決める融資利用が多い中小企業には、金利低下の恩恵が届きにくい状況がつづいてからです。
また、個人では住宅ローン残高の6割を占める変動型ローン金利も短プラを指標に決めるため、
ほとんど下がっていません。
つまり、
広くマイナス金利政策の恩恵が届くには短期プライムレートが今後下げていくことが重要です。
したがって、今現在は多くの人はマイナス金利政策の恩恵を実感できていないと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です